読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の夢

動画監査の人が血の滲むような修正をして、実際にその人の肘の下に血が滲んで後が付いていて、色々忠告をされたけどよくわからない。誰かに呼び出されて会社から急いで帰る途中、駅でその人と先輩に会う。またうだうだした会話。やっと帰ろうとした後今日のお礼を言い忘れて戻るも、誰かと話していて話しかけづらい。衝立に隠れ機を伺って出て行くと、ちょうど見えない位置に移動されている。気づいていて避けられてるんじゃないかしら。諦めて帰ろうとする。最寄りの路線を探すのにボードを見ながら駅の外にかけ出ると、いつの間にか履いていた靴がなくて、俺はこんなことばっかりだとか思う。仕方なく靴下のまま外を走っていると、チャリンコに乗った大学の同じクラスの女子に出会い、青い靴あったんだけど君のじゃない?時かれ、探してたんだよ〜と中を見ると、ヒール。しかもそんなに青ないし!むしろ黒っぽいそれを見ながら、これちゃうわ〜というとやっぱりかという反応。

帰り道、この坂を越えたら最寄りの町だっていう坂がなぜかこの街で一番高いことになっている。両手も使いながら登ると最後の3軒、民家の中に道がある。1軒目は空き家、犬がいたのは知らなかったので、頭がのぞいて情けない声をあげる。2軒目も空き家。3軒目、汚いが人が住んでいるようだが、通るたびいつも誰もいない。最後の部屋のドアを抜けようと狭い廊下を歩いていると、横の木窓からグラサンとメットをつけたバイクで信号待ちしてる人の頭が覗く。一瞬びっくりするが黙ってそのままガチャガチャ!と扉を開けようとしてると泥棒だと思ったそいつが声をかけてくる。

ちゃうわ、通りたいだけじゃ!

暴言の応酬をしながら、逃げ切って仕舞えば勝ちとばかりにその部屋を通り抜けようとするも、なんだか急に小さくなり、腰が引っかかって通り抜けられない。部屋の向かいにドアがあり、出口がもう見えている。しかし、あそこまでたどり着かない。どんどん気が焦ってくる。そのうちに男がナイフを取り出したので慌ててバンッ!と木窓を閉める。ボロいので、隙間からナイフがのぞいているが、そうして時間を稼いでいる間に横の通路から外に出て、細くて高いところにある道を通って逃げると横でまだ気づいていない男が窓を叩きながら大声で叫んでる、その横を通って逃げる、そんな夢。