読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝帰りして、モーニングセットを食べるために近くのジョナサンに入ると、席でなかなかイケてる感じのお兄さんが眠っていた。この人がとても巧いアニメーターをやっていて、一人で仕事を回していて、家庭も生活もあると考えてみると、それはとても良いことのように思った。

 

座った席に新聞が置いてあり、注文したものが出てくるまでの間、なんとなく眺めている。大学教授がトランプ政権について書いたコラムが載っている。

グローバル化とは、市場経済が国境を超えた状態で、それは保護主義と対立する。西欧は昔からその対立を緩和させるやり方を模索してきた…

柔軟な保護政策は、さらにグローバル化を進めるのにも役立つとのこと。

でも、そこまで前へ前へ進まなきゃならんもんだろうか。

今の僕の望みは、周りの人と緩やかな人間関係を築きつつ、自分の欲望を納めるための創作行為をし続けながら人生を送りたい。

競争や目標など無意味なのだ。

 

長い長い動画、🅰セルだけで60枚もある動画を割っている最中に、差し迫ったことを色々と考えた。全部終わって思い出そうとしてみるけど、頭の中から綺麗に消え去っている。

いや、通り過ぎて行ったと言うべきか。

 

自立したいなあと思う。いや、自立したくないのか?

変化したいなあと思う。いや、変わりたくないのか?

 

 

昔の方の高校教師というドラマを作業中によく見ている、濃密で穏やかなテンポで進む人間関係がとても心地良い。

 

トップアニメーターの人が、社内に上手い人がいなくてつまらないって言ってた話を聞いてへこむ。

俺はどうなんだろう?

 

というか上手くなりたいんだろうか?

 

 

自分の仕事をきっちり終わらせることで、マイタイムを確保しようとする試みは、その基準値ラインである最低限の仕事量をやっとこなすだけで、へとへとになって毎日帰路につく。

 

そうして俺の創造性は日に日に目減りしてゆく。

 

 

希望がないとまでは言わないが、その色はまだ燻んだ東雲色をしていて、

きっともうすぐ日が昇るんだろうな、実際。

 

 

最近そんな感じですわ。

どうなんでしょうな。