どいつもこいつも

深夜会社に残って作業しがてらに、また一人友人の訃報を聞く。ストンと落ちそうな心を必死で支え、曖昧に笑って励まして、湿っぽい風にならないようにその場をやり過ごし、作業に戻って一人で落ち込む。

効率ばかりを追い求め、生活を犠牲にして、あまつさえ隣人の無力感、疎外感をを誘うようなこのシステムを呪い。なんとか打開策はないかと必死で考える。

それが自分の感情だけをどうにかする類のものではなく、あくまで他人と分かち合える感覚で、この不幸をどうにかしなければと頭を巡らせる。

 

個々人の能力に依るものなのでは?と疑問が一瞬頭を擡げるが、そういう人も、いろんな人ひっくるめて、抱えて生きていけるのが良い集団なんだ、と、後輩に語ったことを思い出す。

 

今日、後輩を教えていて、その人に共感できなくなった。

「ノルマを達成(爆笑」しようとする責任感と焦りが、彼女への共感意識を容易に拒む。

ゆっくり、一つ一つ覚えてけば良いじゃん、と、思っていたはずなのになあ。

 

生活を壊すほどの仕事を憎む。それを自己責任で片付ける、達成できた勝ち組連中の物言いにも吐き気がする。

そうして自分はそうならないように気をつけていたはずなのに、いつの間にかそんな狂った奴らの仲間入り。

 

これは自分の問題で、彼女たちに非はない。

いや、これまでのやり方では、彼女たちにこそ非があった。向いてない、の一言で、で片付けられるものだった。しかしだ、

そのやり方でうまくいかないのだから、別のやり方を試して見たって良いんじゃないか?

だって、もともとそう教えるって聞いてたし。

 

死ね、死ね、死ね、

徹夜とかは自己管理のペースができるようになってからだ。もしくは体調良好に保てるだけの、モチベーションがあってからだ。それ以外の不当な拘束は、生命力を脅かす、害悪以上のなんでもない。

昔はこうだったねでフタをされて殺される、そんな単純バカの話ではない

 

死ね死ね死ね、ほんと死ね。本気でしね、

ぶっ殺すぞ、まじで。

 

ぶっ殺されないようによ、

まともな人間いないのか?

 

広告を非表示にする