読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また同じ日々

自分の嫌なことは絶対に人にはしたくない、と思う今日この頃。

これは矜持ではなく、誓いでもなく、恥や恐怖といったもの。

 

ある種の大失態はあっけなく日常の中に埋没されて、また今日も普段通りの日々が始まる。

何度も繰り返した悪い想像とは裏腹に、少しだけ出世するなんて、この世界はやはりよくわからん。

 

また今日もクオリティと納期の狭間で揺れ動く日々。

 

本当言うと納品日とか締め切りとか、どーだってよく感じるんですよ。

最終的には俺の絵がうまくなれば良いし、動画もその練習台に過ぎない。

つーか動画取れって言ったり、スケジュールに余裕がないからあんまり取るなって言ったり、いったい俺はどーしたら良いんだよ!

 

アニメってのは集団制作で、ただでさえ時間も物資もなくて差し迫った増強なんだから個人の我を殺して黙々と動画を量産すことに徹するのは当然だろ?

俺は良いアニメが作りたいんだ!その結果のためなら俺の個人的なエゴや衝動なんて

無価値だしどーだって良い。そんなこと考えてる暇があるなら手を動かせ、結果を生み出し続けろ!

 

 

この2つの考えが4:6とか3:7で後者が勝る状況が続いている。コンディションはなかなかいい。あの頃に比べて良くなった。

暇ができたらすかさず模写して練習しよ。資料は山ほどあるんだし。

って思えるくらいに心は広くなっている。

まあ今朝はちょっとだけヤバかったんだけどね。久しぶりに、なんの創作物にも触れてなし、なんの創作物も生み出していなしって状況が3日間くらい続いて、動画を書いて、リテークをして、深夜に終電で帰って寝る、なんて状況が続いたから、久しぶりに自分の中身がカラッポになって、情緒が不安定になるからまともな精神状態で人と話せなくて、余計に孤立を招いて...って感じがきてて、

まあこれはまずいし、なんとかできるんじゃないかと思って逆にマトモに恐怖感を感じ続けながら人とかと話してると、なんとかうまく満たされることができた。

こういう状態でのコミュニケーションは失敗する確率は確かに高いが、何度かに一回は必ず成功するので、そのたった一つの成功でそれまでの損失分をチャラにできる、という一つの教訓を得た。

逃げずに立ち向かった、って自負も自分の中に生まれるし。

 

 

そんな感じでやり過ごそうとしている最中、例の問題が再び現れる。

俺の人とは違う部分が、他人に受け入れられなかったって疎外感。

 

正直、ショージキな話、俺の方がそいつらより人間に対する懐は深いんじゃねーの?って思うわけだよ。

俺がオカシイですオカシイですみたいなこと言ってっけどさ、その発言自体がそいつの他人を受け入れられない懐の狭さ、人間的な器の小ささを表してる、実に恥ずべきことなんじゃねーのかよ。ってさ。お前は自分の未熟で浅ましい部分を「何か間違ってますか?」って平気な顔して晒してるんだぞ。ああ恥ずかしい。

 

って

叫び出したい。お前が・・・とそいつの胸ぐらを掴んで罵声を浴びせてやりたくなる。

まあでもさ、苦笑いをして、まあそうだよねー、その気持ちもわかる、と静かにうつむいているのが大人な対応なんだろう。

実際わかるんだから仕方ない。

 

だがな、もーちょっとなんとかならんかなあれ。「自分にはない考え方なので驚いてます・・・」なんて言われた日にゃね。俺からしたらまあそんなもんだよねってなもんだよ。連帯感を持つのも良いけどさ、世界にはいろんな人間がいるんだから。俺だって理解されない考えを持ったまま、世間に妥協して妥協してなんとかうまくやってんだろ?なんで俺ばっか尽くしてんだよそっち側によ。

ほんまー

話通じないやつなんて腐るほどこの世にいるんだよ。どんな狭隘な世界で育ってきたんだてめーらはよ。

なんて画一的な人間観なんだ?変な奴いた方が多様性あって良いだろ。

よくわかんねーこと言いやがったらぶつかって怒りゃ良い話じゃん。その方が理解も深まるだろーがよ。

 

 

なんつって、

こーしたことを考えて、この問題に拘泥するのはこれ以上益がないとわかる。

・オカシイって言われてあれだけ心がぐらつくのは、過去の古傷が開いているだけ。

・そいつがそんなことを言うのは、俺がそいつと問題意識を共有していないから。

 そいつが俺の心の中の、上述した3:7の3の部分を見ているから。

・そして、目標達成のためにそいつが抑圧している部分に俺が頓着していないから。

 みんなが我慢している状況では、我慢をしていないやつに顰蹙が集う。

 

でもまあ別に、思うんだけれど、

 

1:欲望があって、その通りに行動する人がまずいて、

2:全体を俯瞰で見てから、「そうはいってもねー」って欲望を抑えて全体のために行動する人がいて(こいつは1よりメタ視点に立っている)

3:全体のために行動しながら、同時に自分の欲望も満たすことをする人がいて

☝︎こいつは2よりもメタ視点に立ってるんじゃないのかな?

 

くっそ、腹たつけど俺は俺の嫌がることを他人にできない。そうすることを恐怖とは時によって禁止させられている。

 

だから3の立場を貫いてそいつに無言の抵抗を試みてやろうかしら。

まあでも俺も俺を否定するやつらのことわかる気ないよね。

いや、わかるから反発できないだけなのか?

 

これに対処するうまいやり方はないのかな?

(俺はこれ以上の速度で変化することは無理だしな)

 

 

 

そんな感じ。おわり。