読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンチ

描けない。絵ってむつかしいなぁー...

 

描きたいものがあることは確かなのだ。

 

嗚呼、また外側と、内側を分けてどうにかしようとしている。

今週はコンロールするはずだったのになあ...また無理して取ったカットがギリギリに終わってリズムが不安定になった。最後の日とか、自身のステータスがアンコントローラブルなこと自覚しながらやってたもんね?「あー、今、俺のキャパ超えてる」って、短い休憩終えて、階段登りながら...

どうにかしないといけないのだ、原画になる前に。

(イロイロいい感じのところもあるけど)ウチの会社の欠点である、硬直した、全然クリエイティブじゃない雰囲気をどうにかしてブチ壊してやる。

個人のエゴを通すんだ。そうしないとホント、なんで自分がアニメやってんのかわからなくなるぞ。(その一方でサラリーマン的なアニメータの存在も必要だと思ってる。全員が全員、スペシャルな画面かける人でなくったっていいわけで、むしろそうしたことに引け目を感じて辞めていくくらいなら、残って車内でコントロール可能な原画マンの頭数増やしてくれた方が画面もよくなる。)

色々と舐めてるとか言われそーだけど、最終的に残ってれば問題ないのでは ??

 

エゴなのだ、問題は。

この部分に反応したものを模写したり、描いたりして日々光り物を研いでってるわけだけど、それと同時に何か色々社会的に守らなければならない人間関係の約束事とかもあるわけで、そんな時にはエゴを殺す。そうしないと社会はうまく回らない。

その二面性は、決してスイッチを切り替えるようにしてバランスをとってはいけないのだ。そうしないと片方のスイッチが入っている時に、もう片方の自分を認められなくなる。

現に今、社交スイッチが入ってしまって絵が描けない。

先週の仕事をコントロールできなかったせいだ。

これをずるずると慢性化させると、今度はその伸ばした分の時間の長さだけ恨みの質量が溜まっていき、今度はこれを晴らす必要が出てくる。晴らさないことには、前に進まなくなってしまう。

 

心の動きの問題だ

 

(「心」とか使うといかにもスピリチュアルな感じがしてやだな...全然理性的じゃない)

 

 

...ってのはどうでもよくって、

動画をするべき時に同時に社交的であり、社交的であるべきときに同時に創造的であるべきなんだ、

それが理想なのだ。

そのため、何か自分の心に一貫性を保ち続けなくてはいけない。

これはおそらく技術の問題で、これに先々週からかな?思い立ってやってはいるのだが以外に難しい。現に先週できなかったし。

あーあ、

とりあえず2限を明日の朝、ポストに入れなくちゃならないので、今こんな文章を書いている暇などないはずなんだ。と考えるのはエゴを殺した考え方。殺されたエゴが今悲鳴をあげていて、こんな筆の進まない2限は書きたくないって言ってる。

自分の絵が描きたいって言ってる。

そしてず分の絵を描いてはみるが、どうも時間がないって焦ってしまってなんかのり切れない。

そして、多分この劣等感覚は2時間半くらい集中して書いただけで、あっさりと晴れてしまう類のものなのだ。

「気にせずに」絵を描いただけで。

ということを色々と考えていて、冒頭の「絵って難しいなあ〜」に辿り着く。

 

スペシャルなカットをやって〆切を伸ばすアニメイターは、いつものこのクリエイティブさと社交性との闘いだ。

この問題に、どう決着をつければ良いんだろう?6時間後の俺はどう決着をつけてるんだ?

 

とりあえず明日の朝までにポストに出して、寝坊しないで会社行けよ。

生理的なエネルギーと感情的なエネルギーを、ある程度はちゃんと監視下に置こうな。

力の方向をうまくつかえるようにしろよな、2年後あたりのために。