欲望の正しい満たし方

浮かんでは消えていく想念を書き留めておく術をもたない。

もっと本質的なことを、差し迫ったことを考えているはずなのに、「書く」という行為に至った瞬間に頭の中から霧消してしまうことが多くって困る。

 

 

状況が最悪なのに2原のスピードが上がらないから、何も力になれないことが歯がゆくて腹立ったしい。もっと力があればなあ。

本当はもっと違うことがしたいのにべき論で行動してしまって、いつも正直になれないで困る。

「書く」という行為以外の日常を全て最小化してしまえば、書くスピードも上がるんでないかと安直にも思ったのだが、徐々にヘイトと衝動がたまり行き、立ちいかなくなる。気分転換とは言わぬが、何かその衝動を満足させる行動が必要だ。思ったイメージはいつも現状の2、3歩先を行き、絶望の袋小路へと迷い込んでしまう。この世界には絶望しかないような気がしてしまって、禁煙していたタバコも吸ってしまう始末。

ちがうのだ、あの人も、僕が嫉妬と羨望の目線で見つめているあの人も、あの人も、

仕事しかしていないように見えて、なにか自分のペースを取り戻す日常の何かを持っているはずなのだ。飯を抜いても動画のスピードは上がらないように、逆説的に見える事柄は、意外と真実だったりする。

 

そんなことで駅前の居酒屋でしこたま酒を飲んだ後、カラオケで心ゆくまで酔いしれて帰路につく。眠りに落ちるのが難しい夜は、酒を飲むのもあながち間違いではない。

 

 

www.prog-ganbaru.com

 

 

全日本総ADHD化社会という、また主語を大きくして勝手に絶望に浸っていた。確かに思い当たるところは多々あるが世界全体がそのような気質になっているように見えて、それは自分の気質を世界に投影しているだけの「セカイ系現実応用編」なわけですね。

 

ハンターハンターが連載再開をするというニュースを見てまた少し世界に希望が湧いてくる。

大暮維人化物語を毎週見ることができて、世界に希望はあるような気がしてくる。

後輩の女の子と最近距離が近くなって、世界に希望が持てたような気がしてくる。

 

酔っ払った頭で帰路についている時に、家の近くにある女子校の前を通りながら、バス停で帰りのバスを待っている女子中高生たちを見ながら

誰かこの女子高生が困っているところを何かの折で助けたりなんかして、

それがきっかけで仲良くなったりなんかして、

隣の団地に住んでいたりしたら、この街に知り合いができたことになって、

文化祭なんかに入って、その娘の友達とも話したりして、出し物を見て、適当に感想を言ってから買って、その娘の友達の出している屋台で一緒にご飯を食べて、女の子の知り合いがたくさん増えて、

たまに夕方になんかにふらふら帰ってたりたりしたら、部活終わりの女子高生たちに、お兄さんおかえりー!なんて言われたりしたら、ちょっとは希望が持てて、

この街に住んでいるという実感も得られて、

とってもいいんじゃないかなって思った。

この妄想は文章にして世界中に発信されたまま半永久的に消えないわけですが、

 

この自分の頭の中身は、ちょっとした希望や絶望がハウリングして長く続くようにできているから、

 

そんな妄想一つで12時間は元気でいられたりするわけですよ、だから別に、過去の発言を掘り起こされて、何かの折に叩かれるような社会でも、これくらいは許してくださいよって思うわけで。

 

いつからこんなメンドウクサイ世の中になってしまったのだろうと、

俺はまた「イメージと印象によってネガティブな部分が忖度されたユートピア的イメージの中の昭和」という存在しない過去の世界に逃げ込むわけですね。

昭和に生きたことのない平成生まれの僕だけど、昭和っていいよなあというイメージだけの異世界に精神だけでも転生して、

仮初めの希望を手に入れるわけ。

 

でも昭和65年って異世界感あっていいよね。

最近はSCPとかクトゥルフ神話とか理性の及ばない世界の物語をアホみたいに読んでいる始末。

 

世界に希望はあるのだろうか?

 

これもうまいアニメが作れれば解決する問題ということでどうでしょ、ひとまずこれで寝るとしよう。

 

 

明日の朝になってみればちょっとは気分も良くなっているはず。LINEも来てくれたしね。

 

 

6/.4

会社の仕事中にレヴェナントを見ながら作業する。

負けて死ぬか、勝って生き延びるか。そこになんの余地もない。大自然に圧倒されて

その2者択一が格好いい。

 

クレイジージャーニーの、登山の回を見る。自分の可能性を、誇大妄想的に追い求めるのではなくって、自分の中の世界を満足させるために、山に登る人の方が好きだし、そういう人でありたいと思う。

 

質量の多い2原作業は登山に似ていると思う。1カットに10時間、2日かかっている事もザラ。完成図を信じながら、不安な足取りで進んでいくしかない。

 

終わりの始まり、誰も信じないで生きて行ける力が欲しいなあ。

 

 

おわり

また、みてね

今週のプリキュアも素晴らしい、なんども泣かされてしまう始末。

 

 すべての工程において、アニメーションの実制作は複雑怪奇な上に人手がアホほど要るために事故が起こりやすく、「作業の効率化」が難しい。

 すべての工程を俯瞰して把握できない (ほどに複雑な)ために、目の前のトラブルを解決したつもりが、それが結果的に後の工程に致命的な遅延をもたらしてしまったりする。

 

 一人のスーパーアニメーターが描いた神のような絵コンテをそのままの完成度で映像にするためには、情報の疎通、意思の疎通が限りなくスムーズにできる現場が必要だし、志の通った同じ方向を向いて仕事のできる、気のあった仲間が必要になる。作画の方向性、演出の方向性の些細な違いによる対立は現場で致命的な混乱を生み、そしてそれは致命的な時間のロスにつながる。

  しかも、その対立は時に目に見えない形で進行していたり、単純な行き違いや誤解によってもたらされるものだったりする。冷静に考えれば、そこは普段の会話のように、お互いが融通を利かせてうまく対応すれば良いのだが、ものを作るときの「こだわり」は時に脳味噌を熱くさせ、理屈ではなく、感情的な判断を優先させてしまうことだって起こりやすい。そして出来上がったものはといえば、ぎこちない演技、どこを向いて喋っているのかわからない会話、妙に台本くさい口調で長々と喋り出すアニメの絵、反応速度の鈍いアニメの絵、そこだけ妙にリアルで浮いてしまっている爆発、お前さっきまで違う場所に居たろ?と瞬間移動を覚えたアニメの絵etc.............

これも演出と作監がうまく全体のテンポをコントロールできないために起こった悲劇といえよう..............

 

アニメは「良い絵」がないと何も始まらないため、現場では絵が描ける人のそう言ったエゴを許容してしまいがちで、そのムラ社会感と言ったら良いのか、それによりもたらされる「作業の非効率化」が、現場の問題点と言えるではないでしょうか。

 

 

 

 しかし、今週のプリキュアはすごい!単純な絵が!オーバーな動きが!パースのキマッたレイアウトが!絶妙に物語と絡めあって、溶け合って、そこにはHugっとプリキュアという世界がある!パカパカと元気よく動いているギャグ顔も、ルールーの光と陰の演出も、綿密にコントロールされていて現実との違和感を感じさせない実に良い虚構の世界。画面の隅で、本筋の話とは関係のないところで一人でてれてれと汗をかいてるはなを見て、ああこいつは灯台モトクロスにしたり顔でうなづいてしまえるくらいにバカ(褒め言葉!!!)なんだと、ここには血の通ったキャラクターがいるなと一人で胸を熱くする。

例のコスプレ姉さんを裏切って、ルールーがほまれの前にプリハートを差し出す瞬間!

その瞬間の高揚に、意識の胸元をぐっと掴まれる。

「がんばれプリキュア!!!」

プリキュアがんばれ!がんばれほまれ!!作画の良さとキマりにキマったレイアウトが昂まったテンションを後押しする!はなとさーやがやられた今、セカイを救えるのはお前だけだ!あの謎に怖すぎるオシマイダーをやっつけろ!!

 

 と考えていたら、最後の唐突な展開、突如音量の狂ったSEにカブセて轟音でがなりたてる不穏なBGM。一瞬何が起こったかわからない、明らかに直前の戦闘よりも異質な終わりの予感がそこにある。

「あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!!!」

 「ねえルールーが、ルールーが死んじゃったよ!!ルールー!」

今までの人生で、まったく初めて直面する衝撃を全身で受け止めて震えるはな

無機質な動きで崩れ落ちるルールー

この衝撃も、これまでの誠実な積み重ねがあってこそだ。

 

何事もなかったかのように始まる晴れやかなEDと妙に明るいダンスを潤んだ目で見ながら思ったね、そうか、これは、未来に希望を持たせるための物語なんだ。パン屋さんに本屋さん、キャビンアテンダント、なりたい自分になれるように。そしていつか君に好きな人ができて子供ができた時、それはあたかもはなの家庭のように、一緒に支え合って生活を紡いでいくことができるように。その可能性は∞無限大なんだと。なんて素晴らしいお話なんだと思ったね、HUGっとプリキュア。ネガティブなことしか起こらないような世界で、夢と希望などといううすら寒い言葉によくもこんなリアリティを感じさせてくれるもんだと、そうか、やっぱり大事だよな。それはもし実現してしまえば当たり前になってまったく輝きを失ってしまうかもしれないけれど、いまはそれが一番手に入れることが難しい未来な気がしているんだ。

 

普遍的に愛を謳って応援してその感情を現実へと持ち帰ることのできる、なんて素晴らしいお話なんだと思ったね。一人の人がうまく作れば、うまく工程をコントロールすれば、たった24分でこんなにも虚構の世界に夢中にさせることができるわけだよ。まごうことなき、本物の世界だと感じることができるわけだよ、そこから得られた高揚感や、希望や「夢」は、テレビを消した後でもずっとずっと残り続けるわけだ、君のこれからにはきらきらと輝く未来があって、その広がりはとても素晴らしいものなんだよって。いつか大きくなった時に 、自分で体験してわかるから。

 そうだろ?みんな

俺たちはそんなことを繰り返して成長してきたんだ。先行世代のアホみてーな時代遅れの価値観に希望を持てなくなることだってあるだろうが、君たちの未来が、そんなに辛くて苦しいものであってたまるもんですか。

 

ギュイ〜ンとソウルがシャウトするのです

なんの理性も計画もなく、欲望をただただ書き連ねたブログ。

 

HUGっとプリキュアの15話が良かった。田中裕太さんか、と思う。

ああいう漫画みたいなアニメを、一度は描いて見たいものである。

たまにツイッターとかで上がってくる、バスケのシーン一連の作画とか、1話の戦闘パートの作画とか、HUGっとは見るべき話数が詰まっていそうな匂いがする。

来週も好きな感じの作画だった楽しみ。アニメはリアタイで観よ。

 

映像研には手を出すな!星明かりグラフィクス ふだつきのキョーコちゃん 来世は他人がいい を買って読む。週末だから。

週末だから、等々力渓谷へ行ってくる。東京のど真ん中にあんな場所があってびびる。

上野オークラ劇場へ行ってピンク映画を見る。30分ほどみていると、席などいっぱい空いているのにぴったり隣におじさんが座ってチラチラこっちを見てくる。はあ、と思ってばくばくしながら平常心でいると、自分の股間を触っている。中腰になってズボンを下ろした瞬間リュックを持って逃げるように外へ出る。あそこはそういう暗黙のルールがあるのか?ホームのトイレみたいに?

1600円も払ったのに。来週別の席で再挑戦しようと思う。

ニュースーパーマリオブラザーズをほぼほぼクリアしてきたのでブコフでぷよぷよを買う。兼ねてからぷよぷよを極めたいと思っていたのだ。太鼓の達人のように。何も考えないでできるゲームが好きだね。もう少し慣れてきたらもっとものを考えるゲームでもやってみようかな。

 

「不当に働かせられている」意識がまったくよくない影響を及ぼしているように思う。週末きちんと休むことで、対立構造を打開する第3の選択肢が生まれるような気がする。しれ〜っと終わらせようぜ。何も言わないで涼しい顔してるけど、本当は誰より一番働いてるみたいなのに美学を感じるんだ。

乗り越えた系と、はじめからなかった系

マジ吉良吉影に関する考察なんて書いてる場合じゃなくって、最近はもうそんなもので悩む必要も無くなっている、生活を立て直す、この抑うつ感を乗り越える。

 

何か社会生活に快感ポイントを感じる部分を見つけないと、また僕はいつものように人混みの中に出て、その中の一人でも誰かと関係を作ろうと思った時にとんでもなく大変な憂鬱の連続を乗り越えないといけないのかと考え、そのハードルの高さに驚愕し、一人だけの世界に閉じこもってしまう。

 

https://twitter.com/akiman7/status/992955814649348097

 

 

あきまんがこういうことを呟いていて、じゃあ自分は絵が下手な焦燥感よりも、孤独感の方が強いんだとか納得してしまう。

いや、多分もっと昔は、絵が下手なことを恥じ入る気持ちの方が強かったのだろう、だからろくな人間関係も築かず、一人っきりで図書館で絵を描いていたのだろう。

自分の絵の出来を許せるようになって来たから、孤独感の方が強まって、

安定的なものを求める方へシフトしているだけなのだ。

 

3日間もらったGW(笑)、土、日、と、死んだようにマリオをやって自分は機能していなかった。その甲斐あってか1日半ぐらいでクッパ城まで行って一通りクリアできた。

起き上がれない、とか思ったけど、いっつもこんなんじゃんとか開き直ってやっていたら、昼夜逆転昼夜逆転を繰り返してちょうど早朝に目が覚めて、それで自分の頭がスッキリしていることに気づいた。頭の洗濯だったな。僕普段ゲームやらないからわからなかったけど、モンハンワールドとか○時間もやって皆すごいな〜なんて感じていたけど、脳みそを洗たくするのってすっごく気持ちがいいね。

 

上長がいつも使ってるとか言ってたsmartnewsなるアプリを自分も入れて、本当にヒマな時にテキトーに見ているんだけど、オタクと恋愛の両立は難しいのかなんて記事があって、やはりそこは難しいが多数を占めていた(アドレスを失念しているので印象のソースしか残っていない)

簡単だと答えた人の中に、「そもそもそういうものじゃないから」なんて言ってる人がいて、そうかこの人にとっては恋愛をするために乗り越えるべきコンプレックスが何もなかったんだなとか思う。いや、もしかしたらちゃんと乗り越えた後の人なのかも、

両者は同じ結果を表しているが、過程が全く違うため、本質的には結果も全く違う。そういうコンプレックスはじめからなかった奴に、そういうコンプレックスを乗り越えられなかった奴に、面白いものが作れるとは到底思えないし、自分はそうありたくない。

 

https://twitter.com/31104423/status/993023900723302401

 

「わからない」ことが「わかる」ようになる変化を経験した。

高校生の頃にかいてたyahooブログを読み返して見ても、なんて頭の悪い、底の浅いことしか書いてないんだろうとか思うし、しかし当時は自分はクラスの中でも他の人よりかはものを考えていると思っていた。この変化は今の自分にも起こり続けていて、例えば去年のGWに僕は自分の住んでいる町の周辺を徘徊しながら、どうして吉良吉影みたいに慣れないんだろうなんて考えていたし、今ではもっと他に、考えなければならない大切なことが山ほどある。

自意識のことを考え続けると、カタツムリの殻の中に入っていくように先はないなんて宮崎駿も言っていたし、昨年の自分はそれがわからなかったのだ。

 

ずっとずっと気になっていたカトリーエイルと大富豪の陰謀をやって見たがUIがクソ、説明文、もっと分かり易く書け。なによりカトリーのグラフィックが可愛くない。

やっぱLEVEL5嫌い、日野晃博と感性が合わない。

児童文学の精神やで。下品なのは嫌い。

折衷案と折り合いの間の妥協点

エンダーの仕事っつーかそんなふざけたタイトル書いてる場合じゃなくてこのまま惰性で終わらない仕事を続けていたらマジ死ぬと思う、マジで。

 

マジ今日も何故そんなにモチベーション下がらないんですかなんてキチ◯イ見るような目で見られる日々で言い知れない疎外感を感じて優しさのゲージは目減りしていく一方。

 

頑張れば頑張るほど周りの皆との立っている場所の乖離は大きくなっていき、それは喜ぶべきことでもあるのかも知らんけど

 

うっせえよ、死ねよバーカじゃあ誰がこのリテイク直すんだよ、TPリテークなんて作監とおらんからグレーだななんて言ってる場合かボケ!じゃあ安定したスケとリテーク対応やれる作監見つけて来いボケ

 

なんて考えながら一方で、じゃあ俺は何故こんな自分の時間を自棄になった様に切り売りしてまで不毛なリテーク作業を続けてるんだろうという気にもなる。なぜか?わからない。自分の気持ちがわからないから外からのそうした視線をより敏感に感じてしまう。

 

じゃあこのまま俺死んでしまうと思って、深夜一人で孤独に直して死ぬほど辛い気持ちになってもへたれない死にそうな気分に殺されないための文脈と覚悟が切実に欲しくなる。俺の精神全部が生きるために全力で欲している。

 

愛情を欲しそうな目で見て今まではその愛情に依存して、愛情があるからなんとかやっていけるって思っていたしそうした自堕落な生活から抜け出せないでいたけれど、本当の意味で一人で全部決めてなんとかやってく強さを欲して来たしそれを得るきっかけが欲しかった、本当は。

強くなりたい、そして金を稼いで自由になりたい、普段の生活が欲しい、日常が欲しい、絵の能力を上げて自由になりたい、自由になって絵が描きたい、

 

不毛なリテークを続けるのはこの不毛な状況をコントロールしたいからだ。解き明かして、失敗している点をクリティカルに洗い出して、俺の目の前から二度と根絶したいからだ。そのためにはどうしようもなさの渦中、その一番しょうもない、鈍臭い、不毛な場所へ飛び込んでく必要があるからだ。別に、リテーク受けなければいいじゃん、そのための大義名分もちゃんと、それこそちゃんとしすぎるほどに用意してくれていたわけだし、LO取りゃいいじゃん、7時半に帰って絵描きゃいいじゃん、でもそれをしない、それをすると、本当に目を背けたいところから目を背けてしまい問題の全貌が把握できなくなるからだ、同じ過ちの渦中に放り出されて、目と耳を紡いで縮こまるしかできなくなるからだ。ふざけんな、そんなことってあるか、この繰り返されて来た不毛さを自分の中だけでもいいから終わらせたいんだ、怒りによって増幅された死ぬほど高い圧倒的なキャパを持ってしれっと軽〜く終わらせてしれっとloの直しをやってる、これがやりたいんだよ俺は

エンダーの仕事

仕事は終わるもの

 

いや、終わらせなければ終わらない、

 

一見トートロジーのように思えるその状況、「終わらせられる者」でなければ終わらない仕事。

 

 

そう私はエンダー、全てをEND "終わらせ" 全てを———無に帰すER。 

"E"  "N"  "D"  "E"  "R"

それが私に与えられた、不名誉な呼び名。

 

 

 

 

モニタールームは拍手喝采で、泣き出す者までいる。まばらに明滅するその画面には、開かれたファイルサーバー5と、その中にある提出用フォルダ。

上から数えてきっちり35カット、psdデータの整列。

何かがおかしい、異変に気付く僕、喜びたいのはこちらの方なのに、何か異様な雰囲気だ。

戦闘を終え敏感になった本能がそう訴えかける。頭の中で、僕の頭の中だけに、敵が攻めてきた時に流れる、もう何度聞いたかわからないうざったい緊急アラートが鳴り始める。

「何をそんなに...喜んでいるんだ!」気付くと叫んでいた。

「僕はゲームをやっていただけじゃないか、原画試験というゲームを!試験に受かるか受からないか...そのゲームを!このゲームに勝てば僕らは晴れて原画の道に...」

「もうその必要はないのだよ、エンダー。」

見たこともない老人が、やけにはっきりとした口調で喋る。

「君は長いこと、実際のゲームをやってきたんだ、実際の——————現実にある、現実そのものをね。

「まさか————————————

僕は言葉を失う。老人が言ってることは理解不能だ。

「使うっていうのか?これを?僕の描いたレイアウトを?放送するっていうのか!?

ウソだ!だってこれはゲームだって、ゲームだって...言ったじゃないか!原画試験だって言ったじゃないか!」

「エンダー」

不思議と落ち着いているその声の主は、深い感動をたたえた調子で、言い含めるように喋り出す。」

「騙して悪かった。しかしこの、未成熟な承認欲求を抱えた君を、実戦で使うわけには行かなかったのだよ。実際の原画作業だと知ったら君は、描きたい絵と、描ける絵との間のギャップで吐くほど悩み、苦しみ、少し褒められただけで過剰に舞い上がり、けなされると必要以上に落ち込み、鼻から使い物にならなかっただろう。」

「だって、そんな——————!、じゃあ!僕らが殺した奴らは...!

「そう、バガー"侵略者"だ。君の心を侵略して、絵を描けなくしてしまう奴らだ。」

「僕は...彼等を殺したのか....!!!」

「そう、殺した。殺さざるを得なかった。人類が、なにより君たちが——————生き残るためにもね。」