ガラパゴスゾウガメになりたい

 寝覚めが悪く、11時間は寝てしまう。昨日会社に泊まって3時間しか寝てないせいかもしれない。歩いている時も朦朧としていて、いつになったら覚醒するんだろうと思いながら会社へ行く。

本質的に寝覚めが悪いんだ、と、起きてすぐ机に向かっていた自分に教えてやりたくなる。やはり誰かのそばで活動するのがいいんだし、そうすることで頭も完全に目覚め始める。

 帰ってきて近所を30分ほどランニングした。代謝を活性化させよう、と思ったのだが、きっかけは先輩と背景さんとの会話。「運動を続けることができる」生活という、今までは見上げるだけでしかなかった高いハードルを「維持しよう」とはじめて思えただけでも大きな進歩である。

 こんなところで絵を描いていて、自分は隣の人に迷惑をかけているんじゃないだろうか?ウルサくしていないだろうか?こんな下手くそな絵で1話やってんなとか思ってんじゃないだろうか?などという唐突な不安に襲われて、今日は仕事が捗らない。やべー感情を抱えているという客観性も確かに感じていて、論理的に考えて見ても皆そんな激しいことを思っているはずがないのだけれど、感情の問題は論理では解決されないこともまた知っている。

 結局それは自分が思っていることなのだ。

 そんなことを思いつつも、周りの人は応援してくれたり、状況を報告してくれたり、なんか画材を持ってきてくれたりして優しい。まあ確かに、他人の感情のどうこうなんてどれだけ突き詰めてもあくまでこう思っているだろう、こうに違いないという推測の域を出なくて、どう思っていますか?なんて聞いてもその正当性も証明できなくて、

証明することが不可能な肯定50%否定50%なのなら、否定でも肯定でもどちらでも同じなので、否定に固執する必要なぞなくなってくる。(せいぜいが否定だったときの感情の急落のための予防線にしかならないが、それは感情の急激な起伏をも受け入れることが成長なのだという最近自分で導き出したオリジナルのモットーによって論破できる)

最近では周りからの優しさを無下にしてまで、否定側に拘り続けるメリットを何も感じなくなってきているし、

スタッフの間の親密さが作品のクオリティに影響するなら、その優しさを稀有なものとして大事に扱っていかねばと自戒しました。

 

 「同期、仲悪くなる説」というのを前々から色々な人に言っているのを思い出して、やはりライバルなんて必要ないのかしらとか思う。絵なんて結局のところ感動をどこまで突き詰められるかだし、それは他人と競い合うものではない。役職のシステム、原画のシステム的に、効率的に求められている部分さえ抑えてれば、最速で上のポジションにつけるけれど、それは果たして「絵の良さ」とどうつながってくるのかはわからない。

問題は絵描きが、金を稼ぐことにも、出世にも特に興味がないところなのだ。

(そしてそれはある種の美学を生み出しているし。)

今いる会社に送ったポートフォリオに入れた、母親のパソコンのデスクトップ画面だった亀の画像、windows vistaに初めから入っているサンプルピクチャの亀の画像の絵を思い出す。アニメーターになると言い出してから渋面を作ってばかりいた父親が珍しく褒めてくれたあの絵のことを思い出して、そのことが少なからず今の自分のモチベーションになっていることに気づく。ガラパゴスゾウガメみたいに100年でも200年でも、天敵のいない世界で自由に暮らしていたら、

 きっと独自の形態が形作られて、たくさん人が集まってくるだろう。

 いや別に、その画像はガラパゴスゾウガメじゃ無いんだけどさぁ。

 

一人でいると、生活がどんどん雑になってしまって困る。

 年始に実家に帰った時のことを考えた。あの充実した日々を思い出し、これではいけないと思ってベッドから出る。

一人になると堕落してしまう、このダラダラとした退廃的な気分はなんなのだろうとか思い、シャワーを浴びる。

目的がないからだ、目的があると自分は正常に活動する。個人の欲望とかしたいこととかを、おおっぴらに表明してはいけないという抑圧は確かに自分の中にあり、それは確実にこの生活に影響を及ぼしている。

切れたシャンプーの詰め替え用セットと、弁当と煙草を買いに近くのスーパーまで歩いた。燦々と降り注ぐ冬の日光に当たりながらふらふらと歩いていると、目的ができたので快調に動き出す自分を感じる。

別にこの状態を、普段から物にしたいと思っているわけじゃない、あのだらだらして退廃的な生活に慣れきっているせいか、そういうふふうな生活が恋しいと思ってしまう自分もいる。

 

 ●●●● ●●●みたいなことやりたいじゃないッスか〜

とか言ってる自分を想像して、これも一つの目的だなと思う。

なにかをするためには、別の何かを切り捨てねばならない、とか思っていて、

それは濃密な人間関係であったり、誰かを足蹴にすることだったり、

誰かに冷たい態度を取らざるを得ないことだったりする。

と、思っている。

ランウェイで笑ってという漫画が面白くて、今週のマガジンを立ち読みしたらまんまそんな状況の話が載っていて笑った。フジトさんは、トップモデルになるために周囲の様々なことを切り捨ながら目指している。しかしツムラくんは、妹たちの生活も、勉強も、周囲の人間関係も、全て捨てずに、トップを目指している。

彼が勝ったら、彼の生き方は証明されるのだ。

 

 ダーリンインザフランキスを見てやっぱりアニメってこれだよなあと思う。

不安定な自我と、性的な承認と、それがロボットに直結する感じ。

最先端で笑う。やっぱ錦織さんはガイナチルドレンだわぁ。

 

 日曜だけど、家で仕事できるように慣れれば、自分も成長したと言えるんじゃあないだろうか。

仕事はいいぞ、他者からの承認だって貰える。

年齢とともに、対処できる事柄も増えて言って、自分自身を越えるのに破壊的な行動を取らなくても良い様な気がしてくる。自らの殻にこもっていちゃだめだ、破壊的な行動をし「なければならない」という「抑圧」に、無意識のうちに、いつもいつも悩まされてきたのであった。

 

 これが正しいことなのかはまだわからない。

人生はまだまだ続くぞ。

寒いで御座いますね

まるで棺桶みたいな形をしたエレベーターが僕と母親の前に止まって、ガシャンガシャンと壮絶な金属音を立てながら、6重7重にも重なった扉が開く。これに乗って降りようやあと急かす母親に、階段で行こうと反対する僕。そんな夢。

これは何か現実を表象しているのだろうか?分からない。

非モテとか言って結構スペック高いと思うよ星野源

新年早々、TVを着けたら逃げ恥の全話放送をやっていたので作業をしながら最終回まで見てしまう。家族が吉本を見に言ってしまったので、静かになった家で石油ストーブで暖まりながら、猫と二人でだらだらとloを切る。

 

 

 逃げ恥って、いかにも草食系になった現代の男の子や恋愛に奥手なちょいオタらを取り込んで、恋の素晴らしさ美味しさをとうとうと説いてはいるように見えるが、ああいう風に上手く進めるためには実はとっても高度なリテラシーが要求されているような気がしてならない。

 

まあ、あの二人が結婚するか否かで最終的にかかる年収を試算して出したりとか、ボランティアの集まりに対し労働時間の対価を要求したりとか、いろいろ面倒臭いやつだってのはそもそもあるんだけどさあ

 

ドラマで話題になってる愛情搾取や家事分担や、トレンディな問題意識を真正面からしかもエンターテイメントでやってのけて、そこはすごく興味深く見ていたんだけど、そういうスタートラインにすら立てない、公的な意識を持つことができない、本当に「どうしようもない奴ら」っていうのは存在するような気がするんだよなあ

それをそういう人たちにも向けてマイルドに「君も恋愛できるよ」って語るのは、いかにもうまい話で騙しているような気がしてモヤモヤ

 

 でも「君の名は」も見て、キャッチーな演出って大事なんだなって思ったよ。ガッキーがさあ、急に妄想入って、可愛すぎる件について〜っとか何とか叫び出した(雑なアニメで!)ときは本当にどうしようかと思ったもん。でもそっちの方が、圧倒的なインパクトが。覚えるし、面白くても、寒くてもどのみちゲラゲラ笑えるし。あくまで「適切な」分量で。

 

やっぱり君の名はすごい、こちらも見ただけで綺麗❗️とわかる「分かりやすさ」綺麗綺麗本当に綺麗、三葉をぶっ殺しに来るはずの彗星を見て死にそうなくらいに感動する。沖浦パートの手足の曲がり具合ほんと好き。ソフトでコマ送りしながら、じっくり見たい。

しかし、どこまでがセルかもうわからんね

撮影会社は何処なんだろう、短縮スタッフロールで分からなかった。

 

 やっぱり恋愛映画は好きなんだなあ
それと同じくらい恋愛「できなさ」(まあ、恋愛に限らず何かを達成「できなさ」)をかいた映画も好きなんだなあとか思う

 

 

どうにもならないことを、どうにかしようとすることを青春っていうのではないか

とんでもない混乱の渦中に放り出されて、それがどうやら自意識をめぐる問題であることを知ってから幾許の年数が経ち、振り返って考えてみるに、どうやら自分はその種の問題から解放されつつあることを知る。

 

○話がどうにか納品できて、いろいろあったがなんだかんだ、それなりに満足のいく出来になって気持ちが良い。

○話もなんとかなりそうで、それが終わると○○の話も出来る。

 

現実の問題が、それなりに対処可能になったことが影響しているのだろうか?

対処可能になる過程の中で、何か変化があったのだろうか

 

 

○○○○の○○話の出来を見て、少年の心に火が熾る。

 

この街を、歩けば〜、

斉藤和義の曲をitunesでダウンロードする。夜道を歩いて帰りながら、イヤホンジャックから流れてくるメロディーに身を任せ、昂ぶる感情にシンクロさせて悦に入る。

 

ずっと好きだったんだぜ、相変わらず綺麗だな

ほんと好きだったんだぜ、ついに言い出せなかったけど

 

でも、今度はそれをできる、という確信が、今の心を支えている。そうじゃないと、最後まで持っていない。こんな非生産的な事!

「誰かがやらないといけないけど、別に俺じゃなくても良いんじゃないの」という甘い誘惑は、しかしどちらが正しいのかが最後までわからない。

周りの人々は、僕を置いてどんどん先へ行く。

それに対して嫉妬する事なく、素直にすごいなと思うようになる。

最近はリテイク作業にすべての力を捧げるように絵を描かない。

こういう状態が影響を与えているのかは、終わってみるまでわからない。

予測できる行動をくそみたいだと思うようになる。安定を得るために変化を恐れるのを本当に馬鹿らしいと考えるようになる。

恨みをためているんだろうきっと、怒りのエネルギーをためているに違いない。

付き合うよ最後まで。俺の持ってる話数はな。

お前らが悪いんだからな、お前らのせいだからな。

分かってるのか、お前らのせいだからな。

 

それはしかし、終わってみるまで、わからない。

 

絶対に上手くなってやるからな!!!!!見てろよお前ら!!!!お前らがくだらないと思っているものが、どれだけすごいか教えてやる!!!!!絶対にだ!!!絶対に!!!

血の涙。

 

ライナスの毛布

○○の●●●●●できょうも飲む。やはりストレスが溜まっているのだ。ビールがうまい。焼酎を飲んだら変に酔う。昨日の日記はウソだ、やはり僕は相当怒っている。ただ、噴出の仕方がわからないだけだ。こんなものが、適正な仕事なわけがない、頼まれればはいはいやっているけど、自分でコントロールできないこの量が、真っ当な仕事なわけがない、正気な仕事なわけがない。昨日はただ、聞き役だったから、知らないうちに自分がその役としてはまり込んでいただけだったのだ。物分かりだけよくて、現状を維持することしかできないただの阿呆に成り下がっていただけなのだ。

 

元々の担当製作じゃない人に、こんなこと言うのもあれだよなあと思い、今日も僕は殺人的なリテイクを持ってくる元凶の人と敵対しない。元々は彼の仕事じゃなかったはずだ。多分この判断は正しくて、僕は別にもっと怒りを噴出させるべき点が他にあるはずで、そこがわからない。これは自意識の問題であり、創造性が損なわれる問題であり、性格の問題であり、又僕は内側に理由を探して、外側にあるはずの元凶と対立しようとしない。

 

 

このままではいけない、もっとちゃんとしなければ、と言う思いが、無駄に終わることを知っている。毎回誓いを立てるけど、それは日常に回収されて、ごくありふれたものになることを知っている。なあなあではいけない、明日、死ぬかもしれないという覚悟で全力で日々を過ごすには、僕の心は脆弱すぎる。そうして、変革が見込めないような気分になって、勝手に見通しを立てている。

 

 

しかしそれでも、まだ僕の脳は柔らかくて、心もまだまだ変化できるほど青くって、

まだ遅いなんてことはないとも思うのだ。

この状況の最適解に、心の温度が落ち着くだけの、可塑性はまだまだのこっちゃいる

 

 

 https://twitter.com/chounamoul/status/935054386509725697

 この種の問題はずっと僕の頭の中で残り続けている。

トランプ大統領が当選した日に、あずまんがtwitterでつぶやいていた。

マイノリティの意見がそこかしこから飛んでくるようになり、むしろそれは全体の意思決定に致命的な悪影響を及ぼしている。

要はグダグダ言ってないで足どけろよ。お前の一時的な感情の機微なぞどうだって良いのだ、馬鹿!