ぷしゅ〜☠️

水曜日のダウンタウンが心のオアシス。

本当に、あの番組を作っている人に助けられていると実感している日々。

このていたらく

 

 

f:id:SomethingElse:20171117021540j:plain

 

ウワアン、一体。

俺は何をやっているのだろう。

 

シンゴジラってさ、3.11のメタファーなんだよね、と、

母親にしたり顔で説明。

何も知らない母はそういう見立てもありそうだと得心した様子。

しかし、俺は中学の時からこんなことばかり話している気がする。

またいつものことか、と

母には軽くあしらわれていたのかもしれない。

 

 

 

喫煙所は色々な人が来るから気を遣う。

はじめに話していた人よりも偉い人が来て、俺はとたんにそちらとばかり話してしまう。

はじめに話していた人の気分は如何程だろうか。

 

さらにまた偉い人が入って来て、僕は途端にそちらに気をとられる。談笑しつつ、楽しいふうの雰囲気。

さっきまで話していた人との、楽しい空気はどこかへ消え去ってしまったのだろうか。

 

一番偉い人が出て行って、やはり空気はきれいに霧散していたのだと気づく。重ーい沈黙。

お疲れ様です、と、小さく言って、外へ出る。

暴れ出したい、もどかしさだけが残る。

 

 

 

 

景気の悪い話が続いて、何々がダメで云々と言ったような愚痴のような会話ばかりしている気がして、僕はわざと明るい話題しか話さなくなる。

目下の仕事を終わらせるには、そういう暗い話を進めていかなければならないのに。

したいことを話して、感動したことを話して、最近見たクソ映画のディスを面白おかしく語って、

最近おきた会社の人の、おもしろかった出来事や行動を笑いながら話す。

ぐちぐち小言を言われそうになっても、わざと明るく返事をして、問題解決への最短ルート検索を頭の中で開始する。

自分の自由を守るためだ。

 

最終防衛ラインを簡単に突破され、信じていた(信じようとしていた)外注設計の防波堤はあまりに薄く、首相や防衛大臣はまるであてになんないし、俺の頑張りを評価しろと騒ぎ立てる始末。

このていたらく(この言い回しが気に入っている)

 

 

 

 

まわりと協調するだとか孤独が怖いとか、ご立派なことをさんざ考えていたはずなんだが、これも御多分に漏れず相対化され、自由意志と能動性が導き出される。

あと情熱と。

 

 

ドロドロの劣等感と爆発的な憎悪と、訳も分からず喚き続ける狂気と狂信。

 

世界が狭くなる

昔一度だけ読んだ『人狼日誌』を、はるか昔の、Windows95の時代のIGのHPを見つけて読んだ。

現行HPでは(コンプライアンスの問題からか)削除されてしまっているからね。

堀川さんの、レジェンド原画マンたちの間を飄々と原画を回収して回る様を見て、あんな風に文章を書きたいものだ、と思った。どれだけ追い詰められた状況でも、とりあえずユーモアは残したいね。

状況は好転しなくても、好転する確率は随分変わる。

 

残っていた動画作業を片付けて、夕方くらいから時間が空いたのでずっと絵を描いていた。

罪悪感がすごい。

どうやら僕は、あの席に座りながら仕事をしないということが許せないのだろう。

周囲は淡々と筆を動かして、その音に心が押しつぶされて行く。

これではいけない、こんなメンタル弱くって

あの原画ブースというジャングルに放り出されても、何もやっていけないぞ

自分の意志をしっかりと持つんだ

 

と、思いながらも、自分の絵を描いてすっかりナイーブになってしまった僕の心は、また安易な快楽を欲しがってしまう。

 

他者との会話が信じられなくなる。世界が狭くなる。どこにも居場所がないように感じる。

 

検分検分、自らの心の。

まずは行動と思考のペースを、感情のペースにまで落としてみようか。

その上で、なるべくダメージを受けないよう振る舞おう。

 

 

1時間ほど鳥貴族で飲んで出た結論

 

「誰にも関わりたくないというやり方で、世間と関わろう」

一見矛盾しているように見えるけど、真理をついている、と

酔った頭でほくそ笑む。

 

コミケ童貞早く捨てたい

久しぶりに日記を書く、何日ぶりだ。

とりたてて何も起こらないし、起こったとしても頭の中だけで解決できてしまう毎日。

最近、人と相談し協力し合うことができるようになり、自分の頭の中だけで考えた出来事がいかに一面的で狭量な世界なのかということが(他人という壁にぶち当てて帰ってくる反応を見て)わかるようになった。

 

しかし前から感じていた外の境に存在する矛盾は相変わらずそのままの形で残っていて、むしろ時間が経って濃縮され、よりタチが悪くなったような気がする。

 

LOを描いて監督に見せている。

そんなに自分の仕事が大変なのなら勝手に俺は好きなようにやらせてもらいますよ〜って感じ。

頭の中で頭の中で。色々と理屈をこねくり回し、大局的に見ると実に良い方は進んでいくような気がする。

 

一つ起きていた問題が、なんとか片付いたような気がする。

誰が悪いんだろう?

 夢のような大きな、あまりに生活のレヴェルと乖離したお題目を掲げる体制側の人間だろうか

そうに違いない。

 

なぜ僕はLOを描いて見せてるのに動画の仕事をこんなにたくさん取っているのだろう。

目の前の仕事もちゃんとやると自分で決めたからだし、全て後輩に任せるより多少自分が介入した方がスピーディに回せるような気がするからだし、無能になりたくないからだし、つまるところ、ものが回ってこない動画検査の仕事をしながら、有り余った時間でずっと落書きをしているとだんだん気が滅入ってきて、後輩へのアドヴァイスに自信が持てなくなってしまうからだ。ひいてはそれは自分の今いる足元をおろそかにすることで、自身の喪失へと繋がるからだ。

 

現場をうまく回すにはどうすればいいかということばかりを考えている。自分より上のセクションに対しても。その上で、自分の役職が上がって、もっと自由に振る舞えるようになった時に、どのように振る舞えば正しい(周りの環境と自分の欲望に照らして最大利益をもたらせる)のかを頭の中で試行している。

 

こんなことばかり考えていては、肝心の絵を描く時間が取れないぞ、と思いながらも、心のもう反対側は、自分だけが絵が上手くなっても意味がないのだ、所詮俺にフリーなんて肉食系の人々が集うハードなサバンナは性に合ってないのだから、よいアニメはみんなで作るもんです、◯◯さんもそう言ってたデショ?と、逸る心を説き伏せるのに忙しい。

 

しかしまずは自分のことを考えねばならないのではないのか?

なぜそんなに他人や周囲が孤立して上手くいってないところに介入して、手助けをしてやる必要がある?

なぜそんな面倒なことを俺はしたがっているのだろうか?

 

誰かがまた体調不良で休む旨ののメールを送る。それが毎日続く。いちど同じ話数でかち合った人ならば尚更、なんだか死にたいような辛い気分になる。こんだけたくさんの仕事を営業してくる◯◯や◯◯◯や◯◯に対して暴言を吐きたくなる。なぁ〜にがアニメ産業は2兆円規模だ?俺らの生活の延長線上に、そんな数字は全く影響を落とさない。せいぜいが右上の棚に積まれていくカット袋の数が増えていくのと、

人もいないのに強硬策で作った結果の上がりの酷さに落胆することが多くなるだけだ。

 

おれはただ単に絵を描きたかっただけなのだ。

どうしようもない自意識を持て余していたから、この多様な社会のあり方の中で、ここでならそのどうしようもなさを抑圧せず、お金までもらえるからやってきただけなのだ。経営とか動画マンのマネジメント なんぞ予定には入っていない。上長はハイパー人間だけが集う会議で覚えた意味がうまく頭に入ってこない横文字言葉や経営概念をかたり、黙々と単純作業に勤しむ後輩たちは疲弊した頭ではそれを理解できない。

 

 いや待てよ、何も片付いていないぞ?

問題だらけじゃないか?

 

たつき監督の降板騒動とか、ワンパンマンの製作がJCに変わっただとか、され竜の穴埋めに中ニ病が入るだとか、

なんかそんな感じの変さは確実におれ個人へと近づいてきている。

 

明日は遅めに入ろう。

昨日残っちゃったし

LOかこ。

 

魂を売らないように気をつけよう。

 

 

あと、話は変わるんだけど、

コミケ童貞早く捨てたい。

 

 

 

そんな日は続く

というか、だ。というか

明日は帰ろう。なんもいいことない。

本当は帰りたかったんだろう?好意に甘えてしまったが、それは別に甘える必要のない好意だったんだ。

帰って一人で絵を描いた方が、どれほど良かったか。

外の意味でも、内の意味でも。

どうでもいいことを話し、オチのない話をグダグダと話し、11時頃に電車に乗る生活を一週間続けている。

この急激な生活の変化が、僕の心に波紋を投げかけて、混乱させている。

本当な何がしたいんだろう?何をすべきなんだろうか。

願わくば、話したいことをちゃんと話したいと思う。

心の底から、本当に、したいことをしたら、とてもひどい目にあった。

だから僕は、知らないうちに、やらなければいけないことをやり、やりたいことを心の奥へと抑圧した。

早起きした日とか、雨が降っている日とか、ふいにその能動性が頭を擡げると、やりたいのに、できない、という無力感が僕を憂鬱にさせ、行動を消極的にさせる。

だからそういう日は新宿へ行って、気になっていた映画を見て、とらのあなで同人誌を買って、緑豊かな公園をふらふらと散歩することにしている。

全部、それを一人きりで、気の向くままにやる。

 

そうすれば、割と心が動くようになってくるんじゃないのかな